au おせっかい部

MENU

活動レポート活動レポート

似顔絵描きに、おせっかい!

12月16日、絵画講座で、似顔絵を描く皆さんに、おせっかいをしました。

SNSプロフィール画像など、何かとネットで自分の「顔」を使う機会が増えてきました。
顔写真もよいですが、ちょっと趣向を凝らして、似顔絵なんていかがでしょう?
今回は似顔絵を上手に描くコツを教える「朝日カルチャーセンター 似顔絵講座」にお邪魔しました。

似顔絵を描いてみよう

まずは先生による似顔絵レッスン。 大切なのは「似せること」ではなく「特徴を表すこと」。 極端に描くのがコツとのこと。

よし分かった、と、部員たちも似顔絵描きにチャレンジ。


上手くかけた!ナツコ部長の自信作。


一方、ユースケ部員は新キャラを生み出していた。

皆さんの似顔絵が完成したところで、おせっかい開始。

絵を描くなら、上手く描きたい。 そして、上手く描けた絵は自慢したいものです。
今回は、そんなお絵描きシーンに合わせた活用術をご用意しました。

今回のイチ押し活用術今回のイチ押し活用術

自分の写真を上手に撮影

今話題の「自撮り棒」をつかえば、 歪みやより過ぎがなく、似顔絵のもとになる自分の写真が上手に撮影できます。

描いた絵を
スマホに取り込む

ただ撮影するだけではありません。傾きや余分な部分を切り取って、きれいな画像写真が簡単に作れるんです。

■スキャナーアプリ「CamScanner」
 対応OS:[ Android / iOS ]

似顔絵に
メッセージをつける

プリクラのような感覚で、スマホに取り込んだ絵に、飾りやメッセージがつけられます。
■フォトエディター「PicsPlay」
 対応OS:[ Android / iOS ]

ともだちへ絵を贈る

文字だけだったやり取りに彩りを。 ちょっとした贈り物にも。
■コミュニケーションアプリ「LINE」
 対応OS:[ Android / iOS ]


「LINEって初めて使ったけど一瞬で画像が届くのね」などなど、
ヒロミ部員のキャラクターも手伝って、和気あいあい


ユースケ部員による、画像加工レクチャー。
あまりにも個性的なサンプル作品が出来上がっていきます。

スマホで、お絵描きコミュニケーション。

会場では、描いた絵を他の人と見せあうことをきっかけに、和やかなコミュニケーションが生まれていました。 スマホを使えば、そんなお絵描きコミュニケーションも、もっと便利に手軽に楽しめる様になるのではないでしょうか。

皆さんの描いたすてきな絵で、もっとたくさんの楽しい思い出が生まれるといいですね。


ユースケ部員、謎のキメ顔。似顔絵に似てきたかも?

ご協力:朝日カルチャーセンター 
WEBサイトはこちら
 

 

フミユキ