au おせっかい部

MENU

活動レポート活動レポート

社交ダンスに、おせっかい!

5月某日、世田谷区成城で、社交ダンスを楽しむ皆さんに、おせっかいをしました。

東京都世田谷区にある「中澤源太ダンススタジオ」では、社交ダンスを趣味として始められた方から、競技会に出場される本格派な方々まで、各々の目的を持った生徒の皆さんが笑顔でレッスンを受講されているのが印象的でした。

圧倒的な迫力

テレビでしか見たことのなかった社交ダンス。
踊っている皆さんを間近で見ると、その迫力に圧倒されて私のおせっかいは一時停止状態。
本当に、華麗でカッコ良くて芸術的な動きでした。(うっとり)


す・・・すごい(固まる3人)

shall we dance?

ダンス風景を羨ましそうに眺めていると、先生が声をかけてくださいました。
よし!カッコ良く決めてみよう!
なんてったって、高校時代はダンス部でしたから!!!(←何年前)
と、息巻いてステップを一歩踏み込んだら・・・あれ?緊張と鈍りで、体が動かない^^;

まるで操り人形のような新種のロボットダンスを披露したのでした。


ダンディーな先生のエスコートにより、なんとかリズムが合ってきました。

ダンス上達の鍵はスマホが握る!?

懸命に練習に励む皆さんに、スマホでお手伝い出来ることはないだろうか・・・
社交ダンスを教えることはできないけれど、何かお役に立つ方法をご紹介したい!
そんな思いで、auおせっかい部員がダンスをしながら考えてみました。

今回のイチ押し活用術今回のイチ押し活用術

姿勢の確認や振り返りに

練習風景を後から見返して、姿勢やステップをチェック。ターンなどの速い動作はスローモーション撮影(※)で。 (※)スローモーション対応カメラの場合
■カメラ(ビデオ撮影)
 対応OS:[ Android / iOS ]

ダンス撮影のお供に

踊っている風景を撮影するなら、三脚を使うのがおススメ。手振れ無し&カメラマン要らず!
auショッピングモールから、「スマホ 三脚」で検索

パートナーとシンクロ体験

通話相手と画面を共有できるから、パートナーと離れた場所から同時に動画を見ることも。足の角度など、気になる場面を一緒に確認したら、次会うときには息がぴったり!?
※au VoLTE対応機種同士(1対1)でご利用いただけます。詳しくは公式サイトへ
■シンクコール(画面シンク)
 対応OS:[ Android ]


この日は、足がグネグネ曲げられる三脚を使って、手すりにもスマホカメラをセッティング♪

皆で、動画の撮影を体験!

ダンスを踊り終わったら、早速、撮影した動画をチェック。
スマホを初めて触ったという方にも、手に取って再生してもらいました。


「思ったより大きい画面で見やすい」と、お客様。

ヒロユキ部員のイチ押しは、スローモーション撮影!
自らがクルッと回転し被写体となる様子に、おせっかい魂を感じます。


「スローモーション撮影も簡単にできるんですね」と、皆さん興味津々の様子。

シンクロ体験も、ご一緒に!

更なる活用術として、撮影した動画を、シンクコールを使って鑑賞する方法をご紹介。
通話相手と画面を共有できるこの機能を、どのように活用するのか・・・
まずは、ユースケ部員と私の渾身のロールプレイをご覧いただきました。


ナツコ部長が見守る中、撮影した動画を共有するシーンを演じる2人。

息ぴったり(!?)なロールプレイの後は、皆さんで実際に操作をしながら体験していただきます。
ヒロユキ部員のスマホ画面で見ている映像が、ダンディーな先生の持っているスマホにそのまま映り、生徒の皆さんから歓声が上がりました。


「離れていても、同時に動画が見られるのはいいですね。練習に役立ちそう。」と、先生からも太鼓判!

今回は、観て感動!踊って実感(体の鈍りを痛感)!な社交ダンスの奥深さに心踊る"おせっかい"でした。
ユースケ部員とシンクロした今なら、二人で上手に踊れる気がします。ねっ、ユースケ部員!

ご協力:中澤源太ダンススタジオ 
WEBサイトはこちら



◆活動の様子がTV番組になりました。J:COMチャンネル「auおせっかい部が行く!」
 特設ページはこちら

 

 

 

ヒロミ